ゲーム動画 rss

【新作】『狼と香辛料 ボクとホロの1年』6/26(木)発売決定!

狼と香辛料 ボクとホロの1年

小説が大人気になり、アニメも放映された『狼と香辛料』が、DSで発売されることが決定。
タイトルは『狼と香辛料 ボクとホロの1年』。
原作が大好きな自分にとってはかなりの朗報、変なものにならないことだけを祈ります。

小説出版元のアスキー・メディアワークスは、電撃PlayStationやら電撃系マガジンを発行しつつ、電撃文庫で小説も出し、人気が出たらアニメ化もゲーム化もやっちゃうぜっていうそっち系な人にはたまらない会社。
昔から中村うさぎさんやらあかほりさとるさんの小説を出したりと電撃文庫を買いあさっていた自分にとってまたお金を取られる元ができたわけですがw
『キノの旅』や『灼眼のシャナ』、あの世界観をあまり壊すことなくいろいろな媒体に出してくれてます。
まぁ、時々外れもありますが…w

これからも世界観を大事に大事にゲームやアニメも作っていってほしいっ。

―以下『狼と香辛料 ボクとホロの1年』より抜粋―

『狼と香辛料』(電撃文庫)は、豊穣をつかさどる賢狼ホロと、行商人ロレンスの二人旅を描いたファンタジー小説。
シリーズ第1作は第12回電撃小説大賞(銀賞)受賞作で、著者・支倉凍砂氏のデビュー作。中世ヨーロッパを思わせる都市を舞台としたファンタジーでありながら剣も魔法も登場しない世界設定や、賢狼ホロの独特な台詞まわしなどが評価され、話題を呼んだ。
2007年にはコミック化、2008年にはテレビアニメ化もされ、一躍人気作に。シリーズ累計120万部を突破するベストセラーとなった。

 今回ゲーム『狼と香辛料 ボクとホロの一年』では、オリジナルの新人行商人を主人公に設定。行商をしながらホロとの恋愛や故郷探しを楽しむ“恋愛&行商シミュレーション”として製作した。
 行商の楽しさを味わえる本格的な商売のシステムはもちろんのこと、ホロとの恋愛が楽しめる多数の会話イベントや、故郷探しのための謎解きなど、原作のエッセンスを盛り込んだ。
 ゲーム中のホロのグラフィックやイベントCGはテレビアニメのスタッフが担当。ホロ役・小清水亜美のボイスもふんだんに収録した。

―ここまで―

いやー楽しみですね、6月はメタルギアも出るし、狼と香辛料も出るし、出費がかさみそうです。

『狼と香辛料 ボクとホロの1年』公式サイト
アスキー・メディアワークス

↓予約したい方はこちら↓
狼と香辛料 ボクとホロの一年(初回限定版:「ホロのわっちボイス入り巾着」&「ホロが歌うキャラソンCD」同梱) 特典 文倉十氏描き下ろし「お嫁さんホロの等身大ポスター」付き

↓ゲームブログランキング、よろしければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
にほんブログ村



コメントのRSS⇒ RSS 2.0

コメントを書く