ゲーム動画 rss

【エイプリルフール】さすがアイレムw「秘密結社ブラックアイレム団」w

とうとうエイプリルフールのためだけにアドベンチャーゲームまで作ったのかアイレムwww
いやーもう大爆笑させていただきましたw

では早速、エイプリルフールネタ「秘密結社ブラックアイレム団」をまとめていきたいと思います。
が、今回ものすごい大容量なので1記事ではまとまらないかも。
数記事にわたってお届けする可能性もありますが、どうかお許しを。

アイレムの公式サイトに入ると突如以下の画面に切り替わります。

エイプリルフール 秘密結社ブラックアイレム団
我々、秘密結社ブラックアイレム団は
全国を制覇する足がかりとして
ここアイレムを占拠した。
これより、日本各地を順次占拠していく!
せいぜい抵抗するがよい!


エイプリルフールだ何が起こるかなーと楽しみにアイレムに来たはずなのに思わずポカーンとしてしまったw
そして上記画像の言葉の下には…

エイプリルフール 秘密結社ブラックアイレム団
黒い仮面の男:
「ムウッ!?キサマ!そこで何をしている!この場所を知られてしまったからにはただで帰すわけにはいかん!ひっとらえろ!」


どうやらいきなり秘密結社のアジトを見つけてしまったらしいw
何はともあれここからが始まりです。

囚われてしまった主人公は眠らされたらしく、ふと目を覚ますと…

エイプリルフール 秘密結社ブラックアイレム団
―――目を覚ますと、白衣を着たフジツボのような怪人が自分の顔を覗き込んでいるのが見えた。
フジツボのような博士:
「フフフ…やっと目を覚ましたか。これは良さそうな『素材』じゃなぁ ヒッヒッヒ」


仮面ライダーは敵に改造されたんですよね、わかります^^
っていうかもう何者かわからないのに「博士」ってついちゃってるw

…と、ここで初の選択肢が登場。

エイプリルフール 秘密結社ブラックアイレム団
フジツボのような博士:
「…なんだね?私の顔が、恐ろしいのかね?」


A:「は、はい!恐ろしいです!」と怖がりつつ正直に言う
B:「いえ、そんなことありません!」と怖いので嘘をつく
C:「近寄るな!バケモノめ!」と吐き捨てる


んー…では今回は正直者でいってみましょうか、Aを選択。

 「は、はい! 恐ろしいです!」

フジツボのような博士:
「ハハハ… 可哀相に そんなに怯えて…。ケルベロス大佐は手加減を知らん。まあ、私も人のことは言えんがね… ヒッヒッヒッ!」


ケルベロス大佐というのがさっきひっ捕らえろと命令したやつなのかな?
ちなみにCを選択すると「改造のし甲斐があるというものだ!」とか言われます。

ここでフジツボのような博士から突然質問が。

フジツボのような博士:
「ところで… お前さんはどんな『物語』が好きかね? ヒッヒッ…!」


A: 平凡な主人公が大地震によって崩壊した街から脱出を目指す物語(絶体絶命都市w)
B: 極めてひ弱な探険家が身の程知らずにも危険な洞窟を駆け回る物語(スペランカーw)
C: 産業革命期に生まれた二本足の乗り物に乗って激動の世の中を旅する物語(ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット)
D: 図形を回転させて四角をつくりつつ対戦相手に好き嫌いを伝えられる物語(マワスケスか…)
E: 無敵のユニットと波動砲を駆使し、凶悪宇宙生命体の本拠地を目指す物語(R-TYPEかな?)
F: 人の心が読めるような気分になる、幻想的な世界が舞台の物語(???)


最後の作品だけわからんな…んーむ…もしわかる方いたら教えてください!
この中で好きなのは絶体絶命都市かスペランカーかR-TYPEだなぁ、どれも好きだけど…ここはやはり来月出る絶対絶命都市ですかね、Aを選択。

エイプリルフール 秘密結社ブラックアイレム団
フジツボのような博士:
「なるほどな、フフフ…。それは丁度よかった…!」
「じっとしておれ…。お前に素晴らしい力を与えてやろう…。怖がることはない。少し目を閉じていれば、すぐに終わる…」
「フフフフフフ…。ヒッヒッヒッヒッヒッヒッ…!」


(や、やめろ…!)

―――私は得体の知れない薬を嗅がされ、深い眠りに落ちた…。

アイレム…いきなりドアップにすんのやめてください…普通に驚きました…w
そして主人公の目が覚めるとそこには再び黒い仮面の男が。

黒い仮面の男:
「目覚めたようだな!フハハハハ!どうだ?新しい力を手に入れた気分は?今からお前は『トンボ空曹長』と名乗るが良い!」


エイプリルフール 秘密結社ブラックアイレム団
だ、ださい…
うぅ、こんな怪人になってしまったのか…

~トンボ空曹長のステータスw~
身長:201cm
体重:110kg
力の強さ:1トン
ジャンプ力:50m
必殺技:ヤゴバルカン、トンボ返りダブルキック
~ここまで~

ちなみに、これどの選択肢を選んだかでそれぞれ違う怪人になるんですが、Cを選択したときだけ随分カワイイ怪人になります↓

怪人プリンパフェ女
かわいくないですか?ま、主人公は間違いなく元は男ですが(笑)

さて、本編では怪人として生まれ変わった主人公の前にケルベロス大佐が登場。
ケルベロス大佐
ケルベロス大佐:
「私はケルベロス大佐。『秘密結社ブラックアイレム団』の司令官だ!我らブラックアイレム団は、アシュラ様のもとこの国の征服を目指している!しかし、それを阻もうとする奴らがいる。各地にいるヒーローどもだ!」

ふむ、どうやらアシュラというのがラスボスですな。
そしてケルベロス大佐に激励を受け、続いてケチャップ男に案内されます。

ケチャップ男
ケチャップ男:
「俺は改造によってケチャップの酸味と攻撃力を備えたケチャップ男だ!よろしく頼むぜヒッヒッー!ここはゲーム会社、アイレムの社屋の地下に作られた秘密基地だ。研究室や作戦司令室、売れ残ったゲーム在庫置き場などいろんな施設がある。まあ、ブラックアイレム団に入りたてのお前が入れる部屋は限られてるが、先輩の怪人の話を聞いたり、資料室で調べ物をするなんてのがオススメだ。とりあえずは好きに移動してみることだな!」

とはいうものの行ける部屋は随分と限られてますね。
やっとこれからいろいろ遊べるというところでしょうか。

が、もう画像を10枚も引っ張り出しているので人によっては重たいでしょう。
続きは次回の記事に持ち越しとします、できれば今日もう一度更新したい。

※追記※
早速レビューその2をアップしました⇒こちらから

秘密結社アイレム団を楽しみたい人はコチラから

↓ゲームブログランキング、よろしければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
にほんブログ村



コメントのRSS⇒ RSS 2.0

コメントを書く