ゲーム動画 rss

【ゲーム新作】テイルズオブグレイセスの最新情報まとめ

テイルズオブグレイセス 画像
バンダイナムコのPS3版テイルズオブヴェスペリアについての問題がいまだに騒がれている中ですが、Wiiで出る新作テイルズオブグレイセスについても情報が出てきたので一度まとめ。

~テイルズオブグレイセスの最新情報まとめ~

■作品のテーマ

「己の信念を守る」
「大切な人を守る」

王道くさい感じですが、これが今回のテーマ。
主人公の設定が「騎士になりたかった領主の息子」というところからも、ストーリー全体の流れが既に見え隠れw

■ストーリー



空を海で覆われた世界・エフィネア。
そこでは煇石(クリアス)と呼ばれる物質に含まれる元素を用いた文明が栄え、ウィンドル・ストラタ・フェンデルの3国が互いに国力を拮抗させながら存在していた。
 
ウィンドルの辺境にあるラントの街。
ここでは、領主アストンの長男で明朗快活な少年アスベル・ラントが、幼なじみやかけがえのない友人たちと、少年らしい日々をのびのびと過ごしていた。
 
しかし、ある事件をきっかけに彼は「強くなりたい」と強く願い、王都にある騎士養成学校への入学を決意する。
 
そしてその事件から7年後。
8歳になったアスベルは一人前の剣士として成長を遂げる。
騎士となることを夢見ていたアスベルだったが、父アストンの死により夢をあきらめ、ラント領主の地位を継ぐことを余儀なくされる。
友との再会、そして別れ…今、激しい運命の変転に巻き込まれていく…。



ある事件っていうのが何なのか気になりますね、まぁ昔に何かあったっていう展開はテイルズシリーズで延々と行われてきたことですので、これも想定通りか。

■主人公「アスベル・ラント」について

テイルズオブグレイセス アスベル・ラント
名前:アスベル・ラント
年齢:18歳
身長:175cm
体重:65kg
性別:男性
クラス:剣士



ウィンドル王国の辺境、隣国フェンデルとの国境地帯に位置するラント領領主アストンの長男。幼いころより将来の領主たるべく、父や執事のフレデリックからさまざまな心構えを聞かされて育つ。

その一方で、騎士になりたいという思いを強く抱いており、とある事件をきっかけに王都にある騎士養成学校に入学する。そこでひたむきに訓練に打ち込む生活を送り、やがて真面目で礼儀正しい青年剣士として成長を遂げた。

幼いころは明朗快活でまっすぐな性格だったが、長じて内に情熱を秘めたタイプに変貌する。他人に対する面倒見がよく、困った人を見ると放っておけない面がある。



いいとこのお坊ちゃんというところだけで言えばテイルズオブジアビスのルークを思い出すわけですが、紹介内容を見るかぎり最初からあんな無茶苦茶な我侭ボーイではなさそうですw
ストーリーと合わせ見たかぎりでは人気キャラのリオン(ジューダス)っぽい雰囲気がある気がします。

素直なリオン。

…想像して思わず違和感を感じたw

■バトルシステム

テイルズオブグレイセス バトル
SS-LMBS(スタイルシフト リニアモーションバトルシステム)。

いつもいつも思うことですけど、バトルシステムの名前を見てもまったくどんなシステムかわからない(笑)
どうやら戦況に応じて戦い方を変えられるらしいです。
例えば、WiiリモコンのA・Bボタンで、アスベルであれば前者で帯刀、後者で抜刀といった攻撃スタイルの切り替えが可能に。

そんでもって敵を中心にバックステップができるのは今まで通りですが、サイドステップもできるようになって画面の手前や奥にステップすることが可能になったんだとか。
まっすぐ直進してくる攻撃を行ってくる敵なんかに有効ですね、これは戦いやすくなったかも。


■その他

テイルズオブグレイセス マップ
マップがリアルに…というか、マップに対してあきらかにキャラでかいだろ!ってツッコミが薄らぐ感じになっただけです。
なぜわざわざ書くかって、これによって移動が面倒になるんじゃないだろうな…という恐怖から(;´Д`)


とりあえずはこんな感じですかね、各キャラクターについてとかはこれからどんどん公開されてくるでしょうから、またある程度情報がたまった段階で記事にしたいと思います。

―データベース―

■タイトル:『テイルズオブグレイセス(Tales of Graces)』
■メーカー:バンダイナムコ(テイルズシリーズ、スパロボシリーズなど)
■対応機種:Wii
■ジャンル:守る強さを知るRPG
■発売日:2009年冬予定
■価格:未定
■CERO:未定

守る強さを知るRPG…w
段々ジャンルというのが不毛に思えてきた…w

テイルズオブグレイセス 公式サイト

↓ゲームブログランキング、よろしければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
にほんブログ村



コメントのRSS⇒ RSS 2.0

コメントを書く