ゲーム動画 rss

【無料WEBゲーム】有罪×無罪の体験版レビュー

有罪×無罪
いい加減まともに書きたいということで、ちょっと前のゲームになっちゃいますが有罪×無罪の体験版レビューをしていきたいと思います。
これがよく出来ていて、内容が結構濃いのでまったりとレビューを作っていたらこんなに日が経ってしまった…しかも今回は体験版の事件概要だけでも長いw
時間はかかるかもですがレビューも徐々にアップするのでこのゲームに興味がある方はぜひ覗いてみてください。

というわけで5月21日から始まった裁判員制度、これと同時に発売された裁判員推理ゲームが「有罪×無罪」。
バンダイナムコゲームスから発売されたこのゲーム、公式サイトで体験版で遊べるということでやってみました。
大変考えさせられる内容なので、しっかりレビューを書きます。
まだ体験版をプレイしていなかったり、購入されていない方はこれを見て有罪!無罪!どちらだと思うか選んでみてはいかがでしょう。

まずは体験版だけで遊べる事件概要を見てみます。

有罪×無罪 レビュー
「大学教授が死亡」のニュースが流れます、これは自分視点で見ているってことですかね。
そして続くニュースで、殺人容疑で逮捕されたのが大学教授「倉橋学」の妻「めぐみ」だと発表。
しかし妻のめぐみは殺人容疑を否認しているらしい。

警察の調べでは、学は青酸カリの入ったカプセルを大学の給湯室で服用、その後研究室で倒れたようだ。

そして物語は裁判へ…妻めぐみは「夫は自殺したのだと思う。自分は殺していない」と発言。

検察側の冒頭陳述では、「被害者である夫の倉橋学にかけられた保険金搾取を目的とした保険金殺人である」としました。

■検察側陳述の要点

・犯行にいたる経緯
被告人(めぐみ)はクレジットカードでの買い物を頻繁に繰り返し、毎月の支払いが常に30万円前後であったため、夫にかかっている保険金を手にしようと夫の殺害を決意。

・犯行の状況
被告人は、被害者が常用する花粉症の薬と同じカプセルに、致死量を超える青酸カリを封入。
それを服用した被害者は、急性シアン中毒で死亡。

・強調したい点
被害者は亡くなる1ヶ月前に念願の教授職に就いたばかりであり、前途洋々とした時期に自殺したという被告人の主張は明らかに不自然かつ不合理である。

・結論
保険金目当ての殺人

うーん、これを見ると確かに怪しい…ただ逮捕に至るのに状況証拠のみで物的証拠がまだないですね、あるのかなぁ?

■弁護側陳述の要点

・殺害動機はない
金銭に困ったからといって、夫を殺害するのか?
夫婦仲はむしろ良さそうだったと同僚が証言している。
仲が悪くもない夫の保険金を目当てに自殺に見せかけて殺す、この推論自体が極めて不自然だ。

・被害者の近況
被害者は教授職に就いたことで環境も仕事内容も変わり、また、責任も増大したことで悩んでいたと同僚が証言している。

・薬のすり替えについて
すり替えの瞬間を目撃した人物がいるわけでも、すり替えを裏付ける物的証拠もない。
よって、被告人が被害者を殺害したというのは検察側の想像に過ぎず、明らかに事実誤認である。

・結論
本人による自殺

果たして自殺なのか?それともめぐみによる殺人なのか?
これだけではまだ判断できそうにないですね、それでは次の記事で実際の体験版のプレイレビューをしていきたいと思います。

有罪×無罪 公式サイト

↓ゲームブログランキング、よろしければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
にほんブログ村



コメントのRSS⇒ RSS 2.0

コメントを書く