ゲーム動画 rss

【その他ネタ】「いつの間に交換日記」にみるさすが任天堂!と思うポイント

いつの間に交換日記
任天堂から無料配信されているこの「いつの間に交換日記」、こういった3DSソフトというかツールは普段注目されるものではありませんが、あぁさすが任天堂だなぁと思い至ったのでメモ。

3DSを使って立体的な日記が書けてかつフレンドなどと交換日記ができるというもの。
これの説明は省きますが、要するに以下のポイントが素晴らしいと思ったわけです。

■任天堂3DSの日常化を期待できること

要するに日々の日記をつけるためには3DSを毎日起動するわけですから、3DSをただゲームで遊ぶためのハードとしてではなく、日々存在するもの、例えば携帯電話のような存在価値があるわけです。
これによってゲームから入るわけではない、より一層ライトなユーザー層へのアプローチができ、さらに3DSが日常化されれば自然とゲームソフトの方でも売上を見込んでいけます。

3DSになりフレンド登録数も100人(でしたっけ?)までいけるようになり、よりコミュニケーションツールとしてオンラインゲームというやはりゲームを好きなユーザー層以外、ソーシャルネットワークを好む(というか日常的に触れている)現代の若い層に広がっていくわけです。
(まぁ、このツールを利用するのは日本よりも海外の方が圧倒的に多いと思われるのであまり日本での現状を意識する必要はないでしょうけど)

このツールだけではもちろん不可能ですが、3DSがユーザーの生活圏に入っていく事ができればゲーム業界の枠を超えて、本当の意味で誰にでも売っていくことができるわけですね。

そして実はこの「いつの間に交換日記」、DSi時代から開発されていたもの。2009年時点でほぼデバッグが完了していたものを3DSのプラットフォームでまた作り直したわけです。
完成まで至っていたとしても今はその時ではないと判断すれば本当に発売を中止できる経済力がある任天堂だからこその力技ですが、こういった事をやるからこそ任天堂は今これだけの地位を得ているんだと思います。

■ゲーム業界に限らず…

ユーザーからの信頼なくしてはゲームに限らず対ユーザーの商売はうまくいきません。
以前ブログにも書いた「【ゲーム その他】任天堂の神サポート!伝説のお客様対応」といった、ユーザーをとことん大事にしていく企業こそが末永くユーザーに愛されていくわけです。

コスト面など問題がありすぎて難しいことなので理想論だけれど、すべてのゲーム企業がこういった精神でやっていったら、きっともっと明るい未来がゲーム業界に待っているんじゃないかなぁ。
うーん、ゲーム業界で働きたくなってきたw

↓ゲームブログランキング、よろしければぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ
にほんブログ村



コメントのRSS⇒ RSS 2.0

コメントを書く